カテゴリー
スポンサードリンク


最新コメント
月別アーカイブ
逆アクセス解析
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
オススメ人気記事

スゲー


束縛の強い彼女がある日からほとんど束縛をしなくなった。携帯を調べると案の定真っ黒でした

230: 恋人は名無しさん: 2008/03/16(日) 01:56:47 ID:dHgGo2P70
もう数年前の話になるのですが。
[俺男]当時23歳 N大学生
[彼子]当時20歳 N大学生
・俺男と彼子は同じ大学で知り合い、付き合い始めて2年が経とうとしていた。 
[浮男]当時20歳 フリーター
[友子]当時20歳 N大学生 彼子とは親友で俺男とも友達。
・彼子、浮男、友子は中学の同級生で3人とも仲良し。

 当時、俺男と彼子が付き合ってもうすぐ2年が経とうとしていた。もちろん喧嘩もたくさん
してきたが、なんだかんだうまくいってて、「将来結婚しよう」なんて話もよくしていた。

 しかし、11月に入り俺男は彼子の異変を感じていた。俺男のことをこれでもかってくらい
束縛する彼子が、ほとんど束縛しなくなった。始めのうちは俺男は自由になれた嬉しさもあり
1週間ほど放っておいたのだが、彼子の態度が一向に変わらないことに俺男は次第に不安になっていった。


この記事の続きを読む

タグ: 浮気 二股 束縛
スポンサードリンク

サトウのご飯を詰めて、焼肉のタレ味の炒り卵ときゅうりのサラダと、 焼肉のタレ味のうどんなんだが、こういう弁当って微妙かな?

26: 匿名: 2014-04-02 22:17:40
ナンダカナーな味付けをする親に育てられたので、もともとメシマズ耐性はあった。
妻も似たような環境で、作る料理がメシマズ傾向にあるのは自覚していた。
二人でゆっくり勉強していけばいいよね、最悪ダメだったら作るのを諦めて
外食や惣菜買ってきて食べたり、宅配のお弁当を頼めばいいよねという事で
お互い覚悟して結婚して半年

この記事の続きを読む


陣痛の時、雷の音消すくらい叫んでたらしくナースから雷ママと呼ばれてた

463: 名無しの心子知らず: 2005/06/26(日) 23:39:40 ID:uOV/qNGP
「おにぎり食べたい」と叫んだ・・・。
陣痛を陣痛と思わず旦那に怒られて実家近くの病院に運ばれた私・・・。
運ばれ中の車の中で病院に電話した時も間隔を測るの面倒で適当に
「10分です。」と答えてノンキに実家でお風呂に入ってたのに、出たら立てなかったよ。
ホントは5分位だったみたいで。
病院行ったら初産のくせに1時間でスポーン。

この記事の続きを読む


嫁のメシに息子が「おいしくない」と言ったら嫁が「じゃあ食べなくていい。その代わり、お菓子もおやつも二度と食べさせない。」と喚き散らしていた

2: 匿名: 2014-03-25 01:29:04
まさに俺の嫁のことだな。
ちと長くなるが語らせてもらう。

結婚7年目、子供2人(5歳♂、3歳♀)。
嫁は「食事なんて食べられれば何でも良い」というスタンス。
当然メシはまずい。
食べられればというスタンスなのに食べられない。

この記事の続きを読む


バレンタインデーに嫁は帰ってこなかった俺が電話してもでない、忙しくて帰れない、ごめんとだけメール

918: 素敵な旦那様: 2006/02/17(金) 01:55:02
バレンタインデーに嫁は帰ってこなかった
俺が電話してもでない、忙しくて帰れない、ごめんとだけメール
翌々日、大きなチョコを持って嫁が帰ってきた
預金通帳を俺に差し出して「4倍に増やしたから」
といった嫁はデイトレーダー、あの付近に大きな話があったのか、
聞けずにいる俺がいる



この記事の続きを読む


落ち着いた結婚式にするはずが「派手じゃないと!」という新郎親戚の一言で派手派手しい舞台ですることに・・・

28: 愛と死の名無しさん: 2011/01/27 15:08:08
昔の話投下。文章おかしいのですみません。

同じ趣味が縁で結婚した新郎新婦、その趣味がそれなりにお金のかかるものなので質素倹約が常。
結婚式も双方の両親にきちんと説明して、派手ではない落ち着いた式をすると決まった。

この記事の続きを読む


俺「あの・・・!ありがとう、靴探してくれてたんだね」嫁「見つかって良かったね。・・・誰にやられたの?苛められてんの?」

491: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2012/04/06(金) 18:28:35
今日は休みなんでビール片手に夕飯作成中。
煮込み時間で暇なんで投下させて。

中3の時に苛められてた俺。

俺「あの・・・!ありがとう、靴探してくれてたんだね」

嫁「見つかって良かったね。・・・誰にやられたの?苛められてんの?」

俺「・・・っ! 違うし!!!」(キリッ!

この記事の続きを読む